忍者ブログ
みんな違うからいろいろあるけど、だからこそ、わくわくする。 一緒に化学反応、起こしましょ?
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わたしのはじまりは、「児童虐待を許さない」という思いからだった。
自分がもともと虐待された子どもで、子どもの自分をこの社会で救うにはどうしたらいいのか考えることが、すべてのきっかけだった。

わたしは先ず、最初の作業として体験記を書いた。その育ちを経て成人した自分の現状の把握だ。
そして感情が麻痺していることを知った。感情をつたないながらも感じ、育てようと努力した。これは自分を安全な場所に置き、誰かに愛されたり愛したりすることで少しずつ溜まり、感じられるようになった。知覚と、認知と、感情の回路が繋がっていくのを感じた。

その後、子どもの幸せには、母親の安全、幸せが必要であると言う答えにたどり着いた。
子どもは弱く、受身の存在である。その子どもの幸せは、養育者に大変左右される。接する時間の長い養育者(多くは母親)の身体・精神の安全がなくては、子どもは幸せになれないと思うようになった。わたしは自分がDVを受けていたことを、隠すのをやめようと思った。配偶者だろうが、近親者だろうが、いかなる暴力も家庭内で行ってはならぬと思った。
暴力を見せられることも、暴力の中で育てられることも、「子ども虐待」であると思った。そう発信したいと思った。

家庭という子どもにとっての居場所が壊れるか、子どもがそこから捨てられるとき、施設にいくことになる。子どもの育つ場所、人間の居場所の最も基本が家庭である限り、それを経験できずに成人させられるのは、社会の無関心・怠慢であり、暴力である。長期の措置はそういわざるを得ない。家庭生活の経験は、「スキルではなく、もはや空気のようなもの」である。知らずに生きている人がいると、社会は想定していない。

子ども虐待→DV反対ときて、次にわたしが直面したのは、元ホームレスの方々の問題だった。
孤立した彼らの背景がわたしの心に届いたとき、目から鱗が落ちた。
それまでわたしは彼らを好きではなかった。関心もなかった。しかし、それは間違っていた。わたし達は、手を携えていくべきなのだと知った。
彼らは最初からホームレスだったわけではない。粗暴な言動にも理由がある。孤立し、頑なになった背景に、日本経済に使い捨てられ翻弄された事実があった。そして、「家庭」に恵まれていない人が多くいた。
大人の男性は、女子どもをいじめる元凶だと思っていたが、それは大きな間違いだった。大人の男もまた、社会にいじめられ、搾取されていたのだ。

個別のケースで考えれば、どんな事情があろうともちろん母親・父親による虐待は許せないし、その親は罪を自覚し償うべきと考える。場合によっては親権剥奪もありではないかと思う。
もちろん事情の如何にかかわらず、DVも許されない。加害者は、「痴話喧嘩」などではなく、「犯罪」であると知って欲しい。不当な状況下(対等ではない関係)で行使される力は、すべて暴力であり、許されてはならない。

しかし、混乱しないでいただけるとありがたいのだが、本当に闘うべきは、目の前の相手だけではなく、隠れた場所に居るのだ。ホームレスの方(野宿者・ネットカフェの若者など)と出会い、彼らの人生を聞かせていただき、垣間見させていただいたおかげで、それに気づくことができた。

社会が、一部の富裕層を除いた人々を、いじめているのだ。
国民は、いま、いじめ・暴力の被害に遭っている。

男性が受けたストレスを配偶者や親密な関係の女性に対して吐き出し、女性が、子どもに当たり、子どもは悶々とする。学校に行けば、自分より弱い子を見つけ、憂さを晴らすかもしれないが、それが悪いと本当の意味ではわからない。だって、子どもにとって、それらの行為が日常かもしれないからだ。

誰が悪いのだろう。
それぞれ直接の加害者がいる。加害者は悪いに決まっているが、それだけでいいだろうか?
容認している社会は、社会自体は、ゆがんでいないだろうか?悪意はないのだろうか?

わたしは国に守られていると思えずにいる。
大きな暴力の傘の下で、日の光を浴びることができずにいるような、そんな気になりながら、生きている。

いかなる暴力もあってはならない。
それは、愛を真似ているかもしれないし、親切めかしているかもしれないし、こちらこそが間違っていると罪悪感を穿り出すような手法を用いるかもしれない。

誰からの暴力も受け入れる必要はない。
たとえ相手が国・行政であっても。

安全で暴力のない生活がしたいと、誰に対しても言い続けたいと思う。
生活保護の問題は、ここに繋がってくるのである。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
障がい・新しい豊かな生き方の提案リンク
賛同しています
最新コメント
プロフィール
HN:
やまちゃん
性別:
女性
職業:
NPO法人自立生活サポートセンター・もやいスタッフ
自己紹介:
活動記録と雑記です。備忘録&宣伝として。
興味を持ってくれた人、一緒になんかしよ?
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
Copyright © ごったに。-いろんなあなたで生きていこう- All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]