忍者ブログ
みんな違うからいろいろあるけど、だからこそ、わくわくする。 一緒に化学反応、起こしましょ?
[97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子育て費の割合「エンゼル係数」が過去最低に

12月3日0時3分配信 読売新聞


 家計支出に占める子育て費の割合「エンゼル係数」が2007年に26・2%にとどまったことが、野村証券の調査で分かった。

 1991年に現在の形で調査を始めて以来の最低で、同証券は「少子化に加え、年収の二極化で低所得者層が子育て費を引き締めたため」と分析している。

 子育て費には、学校や塾・習い事にかかる教育費、食費、衣料費、こづかい、子供のための預貯金や保険などが含まれる。07年の1か月あたりの家計支出約27万4000円に対し、子育て費は約7万2000円だった。

 エンゼル係数は、景気低迷の影響で93年の33・4%をピークに下落が続いている。ただ、教育費の実額は1世帯あたり月2万8000円で03年の調査から横ばいで、子育て費に占める割合は高まっている。

最終更新:12月3日0時3分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071202-00000111-yom-bus_all
-----------------------------------------------

『第10回 家計と子育て費用調査』(エンジェル係数調査)

高校生以下の子供を持つ
首都圏・京阪神700世帯の主婦を対象にしたアンケート

  • 「景気実感」のプラス評価は過去最高値を更新。「暮らし向き」も上向くが、低年収層では依然『暮らし向きは悪くなっている』感が強い。
    前回調査(05年)に比べ、景気が「良くなっている」は20.7%で、97年調査以降最高値。一方で、低年収層ではネガティブな評価が多く、年収による二極化が明確に現れた。
  • エンジェル係数(家計支出に占める子育て費用の割合)は、過去最低の26.2%。
    「子ども人数減少」「年収による二極化」が主な関与要素。教育費(額)は一定水準を保つ。
  • 52%が国際化教育を実施。今後の国際化教育意向者は86%。
    現状で年間平均9万5千円が国際化教育に使われているが、今後は19万2千円までなら使っても良いと考えている。
  • 祖父母から子ども宛に年間14万円超の援助(金銭+物品)がある。祖父母以外の親戚からは4万8千円。
    金銭面では、「おこづかい・現金」の形で85%が受け取る。他に「身の回り品」「おもちゃ」といった物品のプレゼントが5割。援助金額は「こどもの預貯金」で34万円、「習いごと、おけいこごと」の物品援助で29万円等。

http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/nsc/20071126/20071126_b.html
-------------------------------------------
子どもを思う親の気持ちは、時代も景気も関係ないもの。それが減っているってことはさ、小難しい理屈なんかこねなくてもわかろうってもんじゃないですか。

ようは、生活が立ち行かないのですわ。

貧困は、じわじわと、そして確かに、身近なものへとなっているのです。
低年収層、これからじわじわ増えてくると思います。
そして、結婚しない単身者が増えますよ。
それからシングルマザーも増大するでしょう。

子ども、お年寄りが特に受難の時代になるでしょう。

PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
障がい・新しい豊かな生き方の提案リンク
賛同しています
最新コメント
プロフィール
HN:
やまちゃん
性別:
女性
職業:
NPO法人自立生活サポートセンター・もやいスタッフ
自己紹介:
活動記録と雑記です。備忘録&宣伝として。
興味を持ってくれた人、一緒になんかしよ?
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
Copyright © ごったに。-いろんなあなたで生きていこう- All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]