忍者ブログ
みんな違うからいろいろあるけど、だからこそ、わくわくする。 一緒に化学反応、起こしましょ?
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私はけったいな道を歩いてきたが、それゆえに得た恵みもある。

主に人間関係に関しては、相当得たものは大きい。私が「友人」と公言する相手との関係はひっじょうに、濃い。過ごす時間の長さではない、思い、絆の深さにおいて。

そんな友人の一人、manmosuさんの記事で、石川真生さんという女性カメラマンのことを知りました。

11月に沖縄県知事選があります。野党統一候補として出馬表明した糸数慶子氏(参議院議員、社会大衆党・副委員長)を応援する市民の会(「野党候補の一本化をめざす県民の会」として市民の立場から野党に統一候補の実現を要請していたグループが、9月27日より「ギリギリKの会」として活動を開始)の中心メンバーが石川さんです。

今私は最後のセーフティネットである、生活保護費の削減反対行動をしています。石川さんのBlog記事を読むうちに、言葉にできない共感(?)のような、なんとも表現しがたい気持ちが生じました。

「何もかもをさらしてでも、自分を公共物のように開放しても、社会に訴え、公の場での論議に引きずり出したい」

見えないところで決められ、行われることが続けば、人は離れていく。関心を持たなくなる。一番怖いのは批判でも、中傷でもなく、無関心なのだろうと思う。統計や資料の数字で、政党や永田町、知事会などの力動で、「人がいない」状態で大事なことが進んでいくことに耐えられない。「当事者の存在、声が隠蔽されている」からこそ、数字や統計資料(データの収集法、抽出方法もきちんと公で議論せずに作成してる可能性あり)を根拠に国民を説得し、「多数の国民の福祉のために、特殊なごく少数の者が我慢することは致し方なし」とし、マスコミもそれを支持し扇動する。国民は特に疑問も持たずにのっかる。

私は、大事なことを議論するとき、そこに「人間」を出してほしいと思う。生きている人を大事にするための決まりであってほしい。生きている人を、それぞれ大事なその人として、尊重しようとする姿勢のある社会になってほしい。決め付ける前に、切り捨てる前に、一度でも振り返って、自分の五感を使って事実を確認しようと思ってもらいたい。

石川さんの沖縄県民の声を、ひとつに集めようとがんばる姿勢に心から敬意を表します。がんばってください。

ぜひ以下のサイトにお立ち寄りください。↓

まおの勝手におしゃべり(livedoor blog)


ギリギリKの会 沖縄発「野党候補の一本化をめざす県民の会」

ギリギリKの会は活動資金のカンパを募集しています。

振込先:郵便振替 01730-8-56552 口座名「がんばれけいこ」

PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
07参議院選挙、統一地方選挙に対する基本の考え方と態度
 06年11月には野党5党の統一候補が沖縄知事選を闘います。政党支持率の世論調査でいえば、自民・公明が圧倒的ですが選挙の得票数は必ず世論調査を裏切るというのが選挙史の事実です。  今、ジリ貧なのは自民・公明の議員とその野合のほうであって、野党は団結して与党を叩き潰し、有権者の選択肢から自民・公明を消させる運動をする時です。  その上で、どの野党か、ということです。自民・公明だけはありえないという運動をなんとしても進めねばなりません。   世論調査の政党支持率と選挙の結果はいつも大幅に食い違うのは日本...
URL 2006/10/08(Sun)15:40:07
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
障がい・新しい豊かな生き方の提案リンク
賛同しています
最新コメント
プロフィール
HN:
やまちゃん
性別:
女性
職業:
NPO法人自立生活サポートセンター・もやいスタッフ
自己紹介:
活動記録と雑記です。備忘録&宣伝として。
興味を持ってくれた人、一緒になんかしよ?
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
Copyright © ごったに。-いろんなあなたで生きていこう- All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]