忍者ブログ
みんな違うからいろいろあるけど、だからこそ、わくわくする。 一緒に化学反応、起こしましょ?
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リミッターをはずしっぱなしで生きてきたと思う。

「自分の限界を知ることが生きる上で大事」

といわれるけれど、そんなのを考えていたら今まで生き延びてこられなかった。限界だから動けないとか、そんなことを言ったら廃棄されるのが決定なのに、そんな本当のこと表現できるはずがない。私にとって、生きることは自分と他人に嘘をつくこと。

でも、今は自分の能力の限界を感じる。ただ、過去の名残で残念ながら、どうにか動くことはできる。だから、「大丈夫な人」と思われるし自分でもそう思ってしまう。リミッターを振り切る。

私は普通の仮面をかぶった、精神に損傷を持つものだ。だから、弱点がある。

人権などというカテゴリを作ったが、まずその時点でドキドキしている。奴隷にとって、「権利」、「プライド」など、最も遠ざけねばならない単語だ。離婚裁判など、「裁く」わけだ。逃げ出したいなんてものじゃない。死んで消えてしまいたい。私は人を裁きたくない。裁かれたくもない。ただ、生きたいだけなんだ。そっと、係わらず、別々に生きたいといっているだけだ。

生活保護改悪反対も、相手をつるし上げ、血みどろになって戦いたいなどと思っていない。苦しんでいる当事者の話を厚労省の官僚の方、議員さんに聞いてほしいだけだ。人と人として、現われ出会ってほしいと思うだけだ。人間同士になったとき、心があれば動いてしまうだろうと思うからだ。

当事者は、今までの人生で苛め抜かれている場合が多い。主張が激しいように見える人もいるだろう。攻撃的に見えて怖いとすら思える人もいるだろう。でも、案外違うのだ。堂々としているように見えて、膝が笑っていないだろうか?腕に爪を立てていないだろうか?コメカミの血管がひどく浮き上がっていないか?緊張しているのだ。戦場だと思って、MAXの緊張感の中、自分の不安を無理やり押し殺して戦っているのだ。彼らはその後倒れたり、数日無気力になってしまう場合もある。

私は無表情で、時に笑顔で、べらべらしゃべったり、淡々と虐待状況や、つらい状況を垂れ流す女だ。そして初対面の不特定多数の人間の前でも、さらすことをいとわない。緊張をしない。それは自動的に乖離するからだ。別人がべらべらするのを、もう一人の自分が見ている。気づけばそのようになっている。

後から、すさまじい勢いで具合が悪くなるのだ。どうにもならない徒労感。乖離すると言うことは、自分をその間手放しているということで、大事な場であればあるほど、後悔の程度はひどい。自分が話したいから話すのだし、場も選んだ。それなのに、乖離したという事実。

悔しいが、緊張の限界を超えたのだ。私はその場で発言することに恐怖を感じ、逃げたのだ。

当事者が「権利」を主張しなければ、いけない。「声」をあげなければいけない。それはその通りだ。よくわかっている。付き添ってくれる人がいる。心強い、ありがたい。これでがんばれないなど自分がダメなのだろうと思う。でも、「権利」を主張するのに膨大なエネルギーが要るのだ。

「人じゃない」

「生まれてくれるな」

「売り物になるうちになんとか片付け」

そう言われ、その後は無言でそう扱われ続け、生きたいから毎日いちいち心の中で反発し続け、緊急事態は声に出して反発し、さらにひどい状況を呼び、「声を出せば命が危うくなるのなら、この声はつぶれてしまえ」と絶望し、声はあげなくなった。私の声は、ただ録音された歌を自動で歌うだけの機械仕掛けのカナリアの歌。にぎやかに楽しげに囀るけれど、それは私の声ではない。

そんな奴隷の心が染み付いている人間が、急に「私の人権を犯すな」と主張するなどえらく大変なことなのだ。他人が声高々に主張する様を見るだけで動悸がひどいのだ。「あの人ガラさらわれて、口封じされないか」と本気で心配になるのだ。命が平等に尊いなどとなかなか思えないのだ。人間は生れ落ちた時点で、悲しいが生きやすさは決まっている。人間は肉体と血縁の鎖を持ってこの世に生まれた時点で、さまざまな不平等を背負っている。

私が自分の人権について主張するとき、常に生命の危機を危ぶんでいる。ようは殺されるんじゃないかとの恐怖と戦っている。それでも、私は主張する。自分を変えるために。世の中を好きになるために。

倒れそうになりながら、仲間に道をつけたい。どれだけ苦しいかわかるから、仲間には無理はしてほしくない。

矛盾を抱えながらも、倒れるまでは歩くつもり。でも今は、倒れないように、歩くつもり。

倒れない方法を考え中。

PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
先日はおつかれさんでした。
あなたのことばは人の心を振れさせたと思う。私もまちがいなく「共振れ」しました。どんな思いで語っていたのか、わたしには計り知れないものがあったのだと思う。
ありがとう。
ともえちゃん 2006/09/11(Mon)02:40:46 編集
無題
ともえちゃん、いつもありがとう。
私はビビリです。
なのに虚勢張ってしまう。ハリボテのくせに。
弱い自分のまんまで自然にいられるようになったら、もっと変わるだろうか。
やまちゃん 2006/09/17(Sun)14:49:12 編集
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
障がい・新しい豊かな生き方の提案リンク
賛同しています
最新コメント
プロフィール
HN:
やまちゃん
性別:
女性
職業:
NPO法人自立生活サポートセンター・もやいスタッフ
自己紹介:
活動記録と雑記です。備忘録&宣伝として。
興味を持ってくれた人、一緒になんかしよ?
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
Copyright © ごったに。-いろんなあなたで生きていこう- All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]